どこで?いくら?どんな時に?お金を借りる、ケース毎にご紹介

どこでお金を借りる?

お金が必要な時、借りることで対応するということもあるでしょう。お金を借りる時には、どこで借りるのか、これがとても重要な問題です。

 

お金を借りられる相手としては、銀行や消費者金融などの金融機関、借り入れ目的や金額などによっては、公的な機関などから借りるという方法もあるでしょう。

 

金融機関では借り入れ目的に応じたローンを準備していることも多く、金利などにも気を付けて選びたいものです。また親や友達などに頼む、借りるとは少し違いますが質屋などもお金を準備する方法の一つです。

 

お金を借りる方法には良い点ばかりではないこともあり、それぞれの特徴をしっかりと把握しておくことは大切です。どこでお金を借りるのか、じっくりと吟味して選びましょう。

 

いくらお金を借りる?

お金を借りる時には、必要な金額を準備することになります。

 

しかし、カードローンなどでは、最初に限度額を決めてそれに応じた金利設定となることがあります。限度額を大きくすることで、低金利で利用できることもあるのです。そのため、できるだけ大きな額の限度額で申し込むことで、そのメリットがあります。

 

基本的には必要額=借りる額となりますが、カードローンに関してはこのような方法もあるので、申し込み前に検討してみることは大切です。もちろん返済のことまできちんと考えて、借入額を決めるようにしましょう。

 

返済シミュレーションを行って、余裕を持って返せる額を借り入れる、どのようなローンでも重要なポイントとなります。

 

どんな時にお金を借りる?

お金が必要になるタイミングはたくさんあります。

 

例えば、お給料日前、大きな買い物(住居や自動車など)をしたいといったように、誰でも体験したことのあるお金を借りたい時だけではありません。冠婚葬祭などは、場合によっては急に予定が入ることもあり、なおかつ現金が必要になるものです。緊急に自宅をリフォームする必要に迫られる事、また教育資金が必要になる事などもよくあるお金を借りたいタイミングでしょう。いずれも、普段から準備をしていても、それ以上の金額が必要になることなどもあります。

 

また家を建てたり買ったりする場合は、大きな額を一括で支払うことはあまりせず、ローンを組む方が一般的でしょう。

 

お金の借り方は自分で決められる

このように、借り入れ先もたくさんあり、ローンの種類もたくさんあります。また申し込みをする方によって、必要金額は当然違いますし、返済可能額も違ってきます。

 

つまり、お金の借り方は自分でしっかりと決めること、これが最重要な点なのです。どの方法でお金を借りるにしても、成功もあれば失敗もあります。成功とは、自分が必要な額を必要な時に準備でき、きっちりと完済することを意味します。

 

お金を準備できても、返済できないような事態になってしまうと、それは借り入れの失敗ということになってしまいます。計画をきちんと立てること、これを忘れてしまうと、どのような借り入れもうまくいきません。

 

また、利用中にも計画を見直すこと、これも大切になってきます。

借り入れ先選びは大切!

お金を借りる方法を考える時に、どこを借り入れ先にするのか、これが重要な点になります。銀行、消費者金融等は同じようなカードローンを取り扱っていますが、規制する法律が違います。クレジットカードでもキャッシングできますし、信販会社などもカードを使って借りる方法があります。

 

他にも、お金を借りる目的によっては、公的な機関でお金を借りることもできるでしょう。各都道府県の社会福祉協議会の生活福祉資金、日本政策金融公庫では開業資金や教育資金などを準備できます。いずれも、金利は低くなっていることが多いです。ただし、申し込みの条件などが多いものもあり、誰でも簡単に借りられるというわけではありません。

 

お金を借りたい時には「どこで借りても同じ。」と思ってしまうことがあります。また、急いでいるほど比較する時間などもなく、目についた借り入れ方法に申し込んでしまうということもあるでしょう。しかし、お金を借りるのは、借りた時点で完了となるのではなく、きちんと返済することが大切なのです。返済しやすい方法があるローンを選ぶということも、考えておきましょう。

 

借り入れ先選び一つで、ローンの利用が大きく変わってくることもあるはずです。申し込み前には、金融機関の違いを把握しておくこと、それによってローンにどのような違いが表れてくるのかも知っておくことが大切になるでしょう。申し込む前には、それほど大きな違いとは感じなかった金利の違いも、返済が終わってみれば大きな返済額の違いとなることもあります。しっかりと比較して、お金を借りる方法を決定しましょう。